『がり版くん  Ver. 2.0D』 バグ情報
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
弊社では、『がり版くん Ver. 2.0D』に関して、現在下記のような不具合が確認されています。
『がり版くん Ver. 2.0E』にバージョンアップされることをお薦めします。

現 象: 「線の太さ」が0またはそれに近い細い折れ線・多角形をマウスでダブルクリックして頂点の編集を行おうとすると、「不正な浮動小数点数演算命令」というエラーが表示され、頂点の編集ができないことがある。
原 因: 『がり版くん Ver. 2.0B』バグ情報で、『「線の太さ」が0の折れ線・多角形の頂点が編集できない』の不具合を修正した際に、プログラムのミスがありました。
回避策: 上記のような折れ線・多角形の頂点編集を行う場合には、一度「線の太さ」を増やした後、編集後に「線の太さ」を元に戻してください。
なお、この不具合は『がり版くん Ver. 2.0E』以降では修正されています。

現 象: 「レイアウト編集」の「大きさ合わせ」で、回転など変形のかかったオブジェクトに対して「全体の縦幅(または横幅)をレイアウトに合わせる」が正常に動作しない。
原 因: プログラム上のミスで、変形前の幅をレイアウト幅に変更するようになっていました。
回避策: 変形したオブジェクトの大きさをレイアウト幅に合わせるには、マウスのドラッグで自分で大きさを変更してください。また、レイアウトサイズに合わせたオブジェクトを別途用意し、「縦幅(または横幅)を最大(または最小)サイズに合わせる」を行うことで正確に合わせることもできます。
なお、この不具合は『がり版くん Ver. 2.0E』以降では修正されています。

現 象: [Ctrl]+[Y]キーで「編集を一つ進む」の操作が出来ない。
原 因: プログラム上のミスで、キーボードショートカットが設定されていませんでした。
回避策: お手数ですが、ツールバー上のボタンをクリックして「編集を一つ進む」の操作を行ってください。
なお、この不具合は『がり版くん Ver. 2.0E』以降では修正されています。

現 象: 垂直線や水平線を含むグループオブジェクトの縦横を縦方向または横方向に個別に拡大縮小すると、同じグループオブジェクト内にある図形の線幅や文字の輪郭線の線幅との差が開いていく。
原 因: 『がり版くん Ver. 2.0A』バグ情報で、『グループ化された文字や図形の縦横を個別に縮小拡大して、元の大きさに直すと線幅が変更されている』の不具合とほぼ同じ原因で、修正が不十分でした。
回避策: 線の太さも考慮する場合は、縦横比を固定した拡大縮小を行ってください。
なお、この不具合は『がり版くん Ver. 2.0E』以降では修正されています。

現 象: 「領域の配置」で左右または上下の反転が行われたレイアウト上の折れ線・多角形オブジェクトを選択し、操作インターフェース上で「線の太さ」や「線の色」や「内部の色」などの属性を変更すると、反転が元に戻る。
原 因: プログラム上のミスで、操作インターフェース上で属性の変更を行った後の折れ線・多角形オブジェクトに対して、変更を行う前の反転情報を引き継げていませんでした。
回避策: 「領域の配置」で変形を行った後の折れ線・多角形オブジェクトに関しては、頂点の編集を行うことで、各頂点が変形後の位置に移動され、変形情報がリセットされます。その後に操作インターフェース上で属性変更を行ってください。
なお、この不具合は『がり版くん Ver. 2.0E』以降では修正されています。

現 象: 縦書文字の入力中に、行中位置を左や右にずらした文字の後で、文字カーソルの位置がずらした方向と反対の位置に来ている。
原 因: 縦書文字のカーソル表示位置に関して、プログラムミスがありました。
回避策: 文字カーソル表示上の問題のみです。入力された文字は、想定のずらした位置に表示されます。
なお、この不具合は『がり版くん Ver. 2.0E』以降では修正されています。

現 象: 「画像編集」で、レイアウト上の画像を選択したまま「クリックした点の色を取得」「クリックした領域の塗り潰し」「クリックしたオブジェクトに関する色の入れ替え」「選択範囲内に関する色の入れ替え」ボタンをクリックすると、「オブジェクト選択」ボタンが押されたままになっていたり、選択を表す四角が描画されたままになっている。
原 因: プログラム上のミスで、インターフェースの状態が正常に更新されていませんでした。
回避策: 画像選択を解除してから色の操作を行ってください。なお、現象に現れる問題は表示上の問題であり、操作は色関係の処理に、選択を表す四角が表示されていても選択は解除されています。「オブジェクト選択」ボタンを何度かクリックし、レイアウト画面の書き換えが行われれば、正常な状態に戻ります。
なお、この不具合は『がり版くん Ver. 2.0E』以降では修正されています。

Copyright (C) 2006-2007 Tsukuba Software Laboratory Co., Ltd. 2008 NKI Corporation. All rights reserved.